読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋 焦げ鍋

お通しは焦げました

※ネガティブ注意

何が欲しいのかの話

家が欲しい。

小さい頃からの夢の一つだった。

借り家暮らしかつ、大家が隣に住んでいるにはいささか問題ある家庭環境であったからだが、その話はまた今度。

家が欲しい。

強く願っていたが、それを揺らいだのが3.11だった。

モノに固執すると、その分、それを失った時の辛さは甚だしい。

家を手に入れて、それが消えたら私はどう思うだろう。

耐えられるだろうか。

人を失っただけで辛いだろう人生なのに、モノまで大切にできるだろうか。

 

物欲が消えればいいのにね。